カラオケ作ってみた その7

《 Audacity の威力 》

今回、オーディオファイルを沢山使用するにあたっては、
直結の内蔵シンセや、外部機器であっても、本番用ではない
音声ファイルであれば、それほど神経質にホワイトノイズ等
を気にすることもないのですが、こと本番用で、特に
マイクを使う録音となると、色んなノイズが
乗っかってきてくれます。
それでも音さえ出ている間は大丈夫ですが、減衰したあとに
音と混じって聴こえてくるノイズは困るんですよね~。

そこで威力を発揮してくれるのが、Audacity でありまして
何が凄いのかと言いますと、一応 Cubase LE 本体にも
マニュアル的動きをしてくれるノイズサプレッサーの様な
ものも搭載されてはいるんですが、なんせマニュアルなので
対象のファイルに対して、色々とパラメータを熟知した上で
設定しないといけなくて、まぁ使い慣れていないと簡単に
使えるものではありません。

そこで、一旦Cubase LEの録音済ファイルをノーマライズ
とかの下処理をしたあとで、プロセッシングの結果を固定
しておき、そのファイルを Audacity に流し込みます。
そして、波形を適当な幅に広げて頭のホワイトノイズのみの
区間を指定してやります。
画像①
画像

エフェクトメニューから「ノイズを除去」を選ぶと、
ノイズ除去の為のパラメータとかが書いてあるボックスが
現れます。
画像②
画像
既に、ホワイトノイズだけがある区間は既に指定してるので
その区間にあるノイズの情報を Audacity 側へ提示します。
それが「ノイズプロファイルの取得」ボタンなんですね。

このボタンを押すと、
「この波形のノイズを除去してくれ」というネタを Audacity
に提示してくれますから、

次段階、今度は波形全部を指定してやります。
画像③
画像

そしてもう一度「ノイズを除去」メニューを選んで、今度は
右下の「OK」ボタンが青くなってる筈なので、
それを押します。3本ほどあるパラメータのスライダーは
特に動かさなくても大丈夫です。
画像④
画像

すると該当のホワイトノイズが綺麗さっぱり
消えて無くなってくれているというスグレモノです!
勿論、モノラルでもステレオでも有効です。

さぁ!  その効果のほどを試聴してみましょう!
(因みに、これは上の作業を2回繰り返しています。)
ヘッドホンで確認しないと聴こえない程度のノイズですがw

【音量注意】

《 処理前の音 》



《 処理後の音 》



ここでは、Audacity の威力の凄さをひとつ体感して
いただけたかと思いますが、出来上がったファイルは、
元在った場所に戻してやらないといけませんよね?

長さの削除とかしない限り、同じファイルだと長さも音声の
タイミングも同じに仕上がりますから、未処理のファイルを
削除して処理後のファイルを置くのですが、Cubase LE 上
では、元在ったスタートポイント

(画像例ですと、0003.04.02.000 という位置)
3小節目、¼拍の4つ目、1/16拍の2つ目、
1/16拍を120に割った先頭の位置

、、、という位置に配置します。
画像⑤
画像


これは、トランスポートパネル
(テープレコーダーのスイッチみたいな操作パネル)
でカーソルを合わせて、ファイルメニューから
読み込み→オーディオファイル
で、フォルダから該当のファイルを指定してやると
配置してくれます。
この数値は、その桁にカーソルをあて、マウスのホイールを
前後して操作もできますし、ダブルクリックで小節数を
大きく飛ばしてやることも、もちろんできます。

画像⑥
画像

ついついサービス精神旺盛なもんで、細かい所まで説明して
しまいましたが、要するに配置を間違えなければ快適に
音は出てくれます。

ではまた、次回!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック