カラオケ作ってみた その5

《 各パートを録音 ① 》

ガイドとしてのベース音をシンセで記録してあって、
ギターとベースは手弾きで録音するつもりだったんですが
ベースと他のシンセ系音源のどちらを先に録音したのか
今となっては、ファイルの作成日や変更日も入り交じって
どの録音が本当に古いのやら、全く判りませんが、
ベースの1コーラス分を先に録音したと思いますので、
それの説明から、、、

ベースもギターも結局、コーラス毎にツブを揃えないと
いけなくて、楽をしたいのもありますが、それぞれのタッチ
とか伸びとかが、3コーラスとも毎回違ってると変になる
訳で、ほぼ大体4小節毎に区切りをつけて録音し、
間違いがなければ、それらをコピーして行きます。

チューナーとかは、昭和の時代にもありましたが、今回は特に
気を遣ってキチンとチューニングしまして、結果バッチリ!
となりましたので、良かったと思ってますw

ベース弦はフェンダーの黒テープ巻きを使ってるのですが、
コレ、結構ラクでして、かといってベースなりの音は
キチンと出てくれますから、素人にはピッタリですね!w

録音した音源をミキサー段階で音質補正する前提なんですが
それでも録音時に最低限の音質を確保しておかないと、
あとでとんでもない波形が出来てきたりして、再録音、、
てな事も充分予測できますので、ベース本体のトーンを
かなり絞って、それでもコモった音ではないような音を
予め作っておきます。

エエ恰好しても始まらないし、間違えたら意味もないので、
トーシローな私は、ベースもピックで弾きますw
耳コピ段階で、チョットは練習してたので、録音はそれ程
難しくもなかったです。

思い出したのは、譜面を書けるという事は、耳コピしてある
っていうことなんで、それを考えると、このプロジェクトの
開始は9月12日とかじゃなくて、もっと早い時期の8月も
半ばぐらいですよね、ってことになります。

このジャズベ、近年買ったんですが、よくぞ買っといたもの
だと、今さらながらに思います。
元来、プレベは好きじゃなくて、これをヤフオクで落札した
んですが、これも入手した当初は良くなくて、ネックと
ボディのジョイント部分に自分で薄い板切れを挟んで調整
したものです。
さすがに弦高は高いままになりましたが、指板上でのビビり
も少なくて、すこぶる快調なんであります!
LINE 直で、それでも一応アンプシミュレーターなるものを
通して録音したんですが、これがその

LINE 直録音のベース素音



これを加工して、適正な位置に配置して、更に音質補正する
と、アラマ不思議! となる訳ですw

使用したジャズベとフェンダー黒テープ巻き弦画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック