カラオケ作ってみた その4

《 ドラムパートの分解 》

えっ?
べつにドラムセットを分解掃除する訳ではありませんw
「さぶっ!」とかが飛んできそうですがw

これは、FBFでもある、名城アバの 松田哲也氏に頂いた
依頼&ヒントでもあるんですが、
元々、24ch とかのマルチトラックテープレコーダーとかを
ブン回してた時代(演歌の伴奏で回してたかは不明ですが)
から、やはりドラムセットとしては
・キック
・スネア
・ハイハット
・シンバル2系統
・ライドシンバル
・その他パーカッション
(今回はウッドブロック)
ぐらいは別々のトラックで制御したいというのが心情だと
思います。

過去の自分の多重録音の経過では、ドラムセットは一発で
録音して、今ならさぞかし微妙なノリの調整とかができずに
悔しい思いはあるものの、「ま、いっか」とやり過ごして
きたのですが、
今回は、テンポやノリ、グルーブ感とかが、
ほんの少し調節するだけで、凄い変化があるもんだ!
 
と日々感心しながら調整に勤しんでいる訳で、
ホントにビックリすることが多いです。

話を元に戻して、さて今回は All Drums として入力した
MIDI データを、
Wood Block
Kick
Snare
Toms
Hat
Cymbal Low
Cymbal High
に分割して別々のトラックに配置、
~それぞれをまた別々のオーディオトラックに個別に録音、
~それらを必要に応じて区切りの小節毎に分割

、、とできるだけ細かく録音していって楽器単位の微調整が
あとでもできるだけ可能なように作り込んでいきました。

ではまた次回!

All Drums で入力したキーエディタ画像
画像


All Drums を分割、パート毎の MIDI Track にした画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック